*とおり雨が過ぎるころ

369 :名無しさん:2013/07/20(土) 19:06:44 ID:FyGFmgNY0 *とおり雨が過ぎるころ/にんぢん とおり雨が過ぎるころ僕らは出会って 笑顔で話せる時間を カレンダーと刻んで とかなんとか歌ってみる ちなみに全部嘘さ 昼下がりの下らない妄想の時間帯さ 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 見上げた空は やけに 青く見えて ビル群より高い 入道雲の後ろ姿 明日もきっとまた 通り掛かる 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 ずぶ濡れの僕は なんか 楽しくなって 昇りきらない月 どぎまぎしてる横顔は 明日もきっとまた 寄り掛かる 僕ら銀色の森を目指して 人口密度がK点越え どれだけ苦労しても夕暮れ 今日もまた夜には光り出す 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 見上げていたら 体 びしょ濡れだって 道端に咲いた 名前なんか知らない花 明日もきっとまた 風で揺れる rec_01.mp3

続きを読む

また、夏が来るよ

890 :名無しさん:2014/06/02(月) 16:19:33 ID:l9jBQ7GA0 *また、夏が来るよ 試験休みの 暇を持て余すような 図書館の隅で 最初の文は始まった   空調がキツめの 狭苦しい閲覧室 いつとも知れず 友達と呼びはじめた 夏がキライと言う君を 街はずれの土手に誘った 小説ギライと言う僕に 物語を教えてくれた 夏が来るよ 影の短いビルが教える 夏が来るよ 風が窓辺の頁をめくる また、夏が来るよ 濡れた空気に じっとしてられない夜 図書館の下で 待ち合わせ話し込んだ 暗い常夜灯 大人に近づく僕ら 気づかぬフリで ずっと見つめてたんだろう 左頁から見返す 文字の意味がいまは分かるよ 素直な気持ちひとつさえ 綴れなかった日々のこと 夏が来るよ 笑いあってた季節は過ぎて 夏が来るよ 陽射しと君に時が止まった また、夏が来るよ 話した夢のいくつかは叶えた たくさんが逸れてったけど いま出会えてもおそらくもう気づかない でもそれでいいんだと思う 夏が来るよ 時計はずした跡が教える 夏が来るよ 青い記憶が空を染めてく また、夏が来るよ また、夏が来るよ rec_658.mp3

続きを読む

広告