*降雪

89 名前:名無しさん[] 投稿日:2015/01/30(金) 12:08:53 ID:zhLbaz/k0 *降雪 降る雪に想うのは 何処にもいない君 積もることはない雪 一瞬で消えてしまうんだ 僕の勝手な勘違いも すぐに溶けてなくなるだろう 恥ずかしいことは何もない 何もかも無かったから 無題f.mp3

続きを読む

*夢を見る 作詞279

372 名前:名無しさん[] 投稿日:2016/04/07(木) 10:22:22 ID:Dc5kGaoQ0 *夢を見る 作詞279 なんだか最近 楽しい夢を見れていない 親の家を燃やそうとする息子 子供部屋で子供を二人殺す男 理不尽ないじめに絶望する人 なんだか最近 明るい夢を見れていない これは予知夢なのでしょうか 予知夢なら神様教えてください 彼ら この後は一体どうなるの 僕は どうなるの なんだか最近 優しい夢を見れていない なんだか最近 明るい夢を見れていない rec_473.mp3

続きを読む

*ドントクライ エビフライ 作詞 あおぞら

307 名前:名無しさん[] 投稿日:2016/01/23(土) 10:48:59 ID:Hp47HvkM0 *ドントクライ エビフライ 作詞 あおぞら 9時の汽車で 街を離れる君へ 遠く離れる君へ 君が好きだった エビフライ 沢山つめた お弁当 涙は みせない また会う日まで ドントク ライライライ エビフ ライライライ 手紙 書くからね ドントク ライライライ エビフ ライライライ 涙は いらない また会う日まで ドントクライ エビフライ.mp3

続きを読む

*サバイバルクッキング 作詞 くるねこ

328 名前:名無しさん[] 投稿日:2016/02/03(水) 23:29:33 ID:8M.OjVvg0 *サバイバルクッキング 作詞 くるねこ 台所から 良い香り 焼き魚に 誘われて 食卓には やっぱり あなた(魚)がいないと 食べたい 食べたい ほっぺた すり寄せて ひとくち ちょっとだけ ウロウロ 歩き回るよ 「ごめんね、これ玉ねぎ入ってるから食べれないの」 嘘だそんなの 焼き魚の香り 悲しくなんかない ソファーを床を バリバリしてやる 悲しくなんかない 隙をみせたら くわえて逃げてやる rec_08.mp3

続きを読む

*酒盛りの歌 作詞/提訴

263 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2015/09/15(火) 18:08:32 ID:vCuaMOyg0 *酒盛りの歌 作詞/提訴 まるで僕はそうさ冷奴 笑うあなたはきっと煮付け 誰かの酒の肴になって、遊泳 いつか僕はそうだカルパッチョ 泣いたあなたは枝豆 奴等の酒のツマミになって、妖艶 豪華なディナーとはいかないし 雰囲気も大衆居酒屋だけど せめて演じて見せましょう 要はエンターテイナー 動けなくなるまで呑んで呑んで 呑んで呑んで 酔い潰れて せっかくの華の金曜日だ 明日は久しぶりの休みだし 回らなくなるまで回せ回せ 舌も頭も下のもんも せっかくの華の金曜日だ 明日もきっと飲むんだろうけど 酒盛りの歌 作詞提訴.mp3

続きを読む

*グレープフルーツ/にんぢん

158 名前:名無しさん[] 投稿日:2015/05/18(月) 23:40:14 ID:aeIV8/1E0 *グレープフルーツ/にんぢん 好きなものがありました そう それは 甘酸っぱくて 何だって 間だって クセになる 不確かな幸せも 思い出せる ただ ただ 小さなことさ いつかの風が 髪を揺らすよ 君の影は 伸びて行くけど そうしたら僕は 家に帰るよ 手を振りながら さようならなんだ 好きなものがありました そう それは 甘酸っぱくて いつだって 何処だって 欲しくなる 忘れてたことも 思い出せる ただ ただ 小さなことさ 明日の天気 傘を持とうよ 二人の肩は 近付いてくけど そうしたら君は 恥ずかしそうに 微笑みながら 少し笑ったね 誰かの嘘が涙を呼ぶから 危ないものって好きじゃない そうさ いつかの約束もきっと 危ないものの友達さ 好きなものがありました そう それは 甘酸っぱくて 何だって 間だって クセになる 不確かな幸せも 思い出せる ただ ただ 小さなことさ グレープフルーツ.mp3

続きを読む

卒業式は嫌いだ 作詞三時四分

312 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/02(月) 21:45:35.12 ID:3Cid1wVy0 [1/4] 久しぶりです *卒業式は嫌いだ  作詞/三時四分 壇上にて校長、式辞をつらつら ひたすら夢の大切さを語る 何度目だその話、御託をくだくだ ひたすら夢の大切さを語らされる 三年間、一体何を得たのか 何も得ていないのか いやそれはないけれども 周辺の連中の、喘ぎ声がする よく泣けるなと思ってしまった 様式美だろ涙は、なんて相変わらずだ よく泣けるなと思ってまた自分を保ってるんだろ 卒業式は嫌いなんだ 何回も経験してないけど 悲しくなんてならない それの何がいけないんだ 卒業式なんて大嫌いだ 好きになる必要はないけど 自分が嫌いになるから ただ嫌いだと言わせてくれ こんな奴がいたっていいじゃないか こんな奴がいたっていいじゃないか 卒業式は嫌いだ 作詞三時四分.mp3

続きを読む

*同窓生 作詞/ (U)

*同窓生 作詞/ (U) 中学時代に恋してた あの子が 結婚したと聞いたんだ 今日も明日も明後日も あの子は セックスしまくってるだね ああ散々おかずにしてたのに いつの間にかとられて 奪われてくんだ なのに ※ 僕はいつまで 童貞でいればいいの 追い越していく 君の姿が 今は眩しい なのに 僕はいつでも 童貞のままなんだね 普通の恋さえ できないままに 生きていくの? いつも後ろ姿追ってた あの君 何年も前から変わらないままだよ ああ… ああ あの頃のまま子供な僕 きっと君もそうだと 信じてたんだよ なのに なのに 僕はいつまで 童貞でいればいいの 酸っぱい恋は 今の僕には もうできない だから 僕はいつでも 童貞のままなんだね 君の残像 忘れないまま 生きていくの? rec_131.mp3

続きを読む

*男のレシピ

63 名前:転載 規制用11スレ[] 投稿日:2014/12/05(金) 21:30:27.40 ID:xPOrU0Yi0 [27/39] 49 :名無しさん:2014/11/21(金) 23:00:13 ID:ix/V.ez60 *男のレシピ 飽きたと思ってたナス まだあるから何か作る なんてね 言ってもね ほんと料理とか下手なんだ 道理わきまえるとか 分別付けるとか そんなことだけ出来るけど ほんと料理とか下手なんだ 何やってんだか実際は 家事全然出来ないくせに ちょっと位はやれるポーズ 厨房に立とうとするんだ(汗) 頑張ってる君のため ちょっとおいしいものをって 毎日お疲れ様って思って ここに立つ僕は笑えるね お腹すかして帰る君に ちょっとおいしいものをって 気持ち一つでやろうって ここに立つ僕は笑えるね 男のレシピ.mp3

続きを読む

*夜の歌 作詞・カリバネム

656 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2013/11/01(金) 15:51:27 ID:v7vtermE0 *夜の歌 作詞・カリバネム 誰にも教えられない 秘密を抱え込み 夜空に近い場所まで 僕らは歩き出す ラクガキみたいな顔の おかしな二人組み 見えない地平線へと 手を取り合い駆ける 誰もいない街 君は歌を歌う 世界中から忘れられた 無邪気な音色で 夜を塗りつぶした まだ 終わらずにいて 誰かが捨てた愛情 死んだ鳥のようで 僕らのやつと比べて 少し寂しくなる 誰もいない街 君は歌を歌う 遠くを走る電車の音 強がりな声で 苛立ちを隠して もう 夜明けが来てる 誰もいない街 君は歌を歌う 世界中から忘れられた 無邪気な音色で 夜を塗りつぶした まだ 終わらずにいて 夜の歌.mp3 http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/music/21567/1368808333/ https://soundcloud.com/ytr02/iquxsgyxzf9h

続きを読む

いいやつ

498 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/06/10(火) 04:55:08.49 ID:iavVwptF0 *いいやつ 作詞/提訴 明日は早いからと 遠慮がちな君だったけど ほろ酔い始めてからは 一瞬で落ちていく 「いいやつ」で通っているからと 送るハメになったけど 本当の僕を知るやつは いるはずもない 偶然の趣味の一致も もちろん必然だったことで 君の趣味を知ってから 必死に覚えたから 無邪気に笑う君が突然 髪を短くしたのは 原因がいたことだって 僕は知ってるよ 着いたよ、と声をかけて おぶった君をおろした 少しだけ返事をしたような君の顔が眩しい 弱ったところに付け入って それでもいいから君が欲しい 片耳で揺れるピアスの 寂しさごと奪い去りたい ありがと、じゃあねと手を振る君の 手首をがっと掴んで そのまま、なんてことも出来ないんだよ 「いいやつ」だからさ 弱ったところに付け入って それでもいいから君が欲しい 君のことを泣かせるやつらに 君の姿さえも見せたくない ありがと、じゃあねと手を振る君の 涙に気付いて気づかされた 埋めるのは僕じゃないんだろ、わかってるよ 「いいやつ」だからさ rec_344.mp3

続きを読む

*とおり雨が過ぎるころ

369 :名無しさん:2013/07/20(土) 19:06:44 ID:FyGFmgNY0 *とおり雨が過ぎるころ/にんぢん とおり雨が過ぎるころ僕らは出会って 笑顔で話せる時間を カレンダーと刻んで とかなんとか歌ってみる ちなみに全部嘘さ 昼下がりの下らない妄想の時間帯さ 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 見上げた空は やけに 青く見えて ビル群より高い 入道雲の後ろ姿 明日もきっとまた 通り掛かる 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 ずぶ濡れの僕は なんか 楽しくなって 昇りきらない月 どぎまぎしてる横顔は 明日もきっとまた 寄り掛かる 僕ら銀色の森を目指して 人口密度がK点越え どれだけ苦労しても夕暮れ 今日もまた夜には光り出す 優しくなんかない夕立 そのあとに虹 見上げていたら 体 びしょ濡れだって 道端に咲いた 名前なんか知らない花 明日もきっとまた 風で揺れる rec_01.mp3

続きを読む

また、夏が来るよ

890 :名無しさん:2014/06/02(月) 16:19:33 ID:l9jBQ7GA0 *また、夏が来るよ 試験休みの 暇を持て余すような 図書館の隅で 最初の文は始まった   空調がキツめの 狭苦しい閲覧室 いつとも知れず 友達と呼びはじめた 夏がキライと言う君を 街はずれの土手に誘った 小説ギライと言う僕に 物語を教えてくれた 夏が来るよ 影の短いビルが教える 夏が来るよ 風が窓辺の頁をめくる また、夏が来るよ 濡れた空気に じっとしてられない夜 図書館の下で 待ち合わせ話し込んだ 暗い常夜灯 大人に近づく僕ら 気づかぬフリで ずっと見つめてたんだろう 左頁から見返す 文字の意味がいまは分かるよ 素直な気持ちひとつさえ 綴れなかった日々のこと 夏が来るよ 笑いあってた季節は過ぎて 夏が来るよ 陽射しと君に時が止まった また、夏が来るよ 話した夢のいくつかは叶えた たくさんが逸れてったけど いま出会えてもおそらくもう気づかない でもそれでいいんだと思う 夏が来るよ 時計はずした跡が教える 夏が来るよ 青い記憶が空を染めてく また、夏が来るよ また、夏が来るよ rec_658.mp3

続きを読む

燃料棒を握り締め 遠くの君想う

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/23(土) 20:20:50.73 ID:AAUkuAUO0 [23/24] 燃料棒を握り締め 遠くの君想う 愛おしいな この距離が 股間を熱くさせる 君の穴の感触が 今もまだ残っている 狂おしいな あの締め付け 昇天に10秒 rec_134.mp3

続きを読む

メンソール

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/15(土) 17:41:39.66 ID:1lC4SG550 [3/4] *メンソール 君は黙って煙草に火をつけた 煙昇って鼻腔をくすぐる 君の涙が火種を湿らせた 僕も黙って煙草に火をつけた 置き忘れた煙草に火をつけるけど 軽すぎてとても儚い味がした メンソールの香りがしないこの部屋で 大丈夫と強がっている僕がいる 緑色の空き箱潰し捨てられず そっと置いたピンクのライターその横に メンソール.mp3

続きを読む

*思い出して

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/15(土) 16:42:48.88 ID:cVV7F1650 [9/32] *思い出して 作詞:メントスコーラ 君が歩いたこの道辿り 過去のことを思い出した 今はもういないけれど 君と見た、夕焼けを 二人、歩んだこの路を 何気なく、ただ駆けた 涙なんて枯れ果てて 想い出すことしかできない 夕焼け空に思い出した 君の笑顔を僕は忘れない だから、今日も 君のために笑顔で居よう 思い出して4.mp3

続きを読む

8.31

*8.31 作詞:お茶っ葉煩悩ホモレックス 日が落ちるのが早くなった気がする セミはカナカナゼミが増えた 夕方が涼しくなった気がする 河辺で花火大会があった 夕日が落ちてボクの胸にも影が出来るよ 奇跡みたいな安っぽい言葉で安心して 花火で夏が静かに終わったね どんなに経ってもこの日は何か悲しい きっとねキミもさどっかで見てるよね 満天の星空遥か高く夜を照らすよ 何かを忘れてしまった気がする 多分かけがえのない思い出とか 電柱の街灯がまたはじけて夜道照らすよ 偶然で済ます不確かなウソでキミの所へ会いに 夕日で夏がひっそり終わったね どんなに経ってもこの日は何か美しい きっとねキミとさどっかで会えるよね 快晴の月夜が遥か高くボクら照らすよ 8.31 .mp3

続きを読む

パンツ食いマシーン

20 名前:転載 規制用9スレ[] 投稿日:2013/05/12(日) 23:22:32.06 ID:F6F+oemf0 [10/10] 923 名前:名無しさん[] 投稿日:2013/05/12(日) 23:04:11 ID:7X8IU9gw0 *パンツ食いマシーン 作詞:お茶っ葉煩悩ホモレックス ねえねえキミ、パンツ食ったことある? あぁもちろん!何故ならオレはパンツ食いマシーン! この世の女の子のパンツを全て食い尽くすパンツ食いマシーン この世の女の子のパンツを全て食い尽くすパンツ食いマシーン テクニカルに女の子からパンツを脱がし リズミカルに女の子のパンツをパンツを 食う! パンツ食いマシーン.mp3

続きを読む

初夏の香り

678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/02(日) 09:27:38.70 ID:dvhSns6O0 [2/25] >>673 昨日の俺の心境、体育祭いけなかったです。 *初夏の香り 作詞:メントスコーラ 気がつけば蒸し暑い月日になっていて 梅雨がもう終わったんだと思わされる 通ってる中学ではもう体育祭が行われていて 「もうこんな季節なのか」って遠目に見ていた アスファルトが日光に焼かれていて 上と下から暑さが自分をじりじりと焼く 「僕だってみんなと一緒に運動したかったな」 何故だか涙が出てきた 終わった梅雨に取り残された、雨の匂い これから始まる夏の始まりの香り それを感じていられるなら また、明日に踏み出そう 初夏の香り.mp3

続きを読む

広告